So-net無料ブログ作成
検索選択

コントロールできない怒り!マル秘テクニック、アンガーマネージメント! [アンガーマネージメント]

スポンサードリンク







怒りのコントロールが出来るテクニック・アンガーマネージメント

イライラする毎日を減らし笑顔が増える毎日に・・・・

関西の深夜番組でしていましたから紹介しますね。





怒りの正しい伝え方

1、使って行けない言葉

おまえはいつもそうだ!

おまえはいつも、遅れるよな!(言われた相手・・・いつもじゃないよ、内面では思っています。)

いつもは禁止です。

遅れるなよ!だけでいいんです。


いつも以外にも禁止用語

絶対・必ず

お前絶対するよな。必ずわすれるよな!




2、声の大きさ

普段は小さな声でなるべくしゃべり、ここだというとこだけ
大きく力強くしゃべる練習をする。



3、一般論で怒りをぶつけない

世間、一般ではどことも、こうだから

他の家ではみんな
周りではこうだから
普通はこうだから

主語は私にかえれば伝わりやすくなる。

怒りを伝えやすく秘伝ですので是非覚えてください。



4、怒りを伝えるときは長くならない。
 手短に怒りを伝える。


怒りの伝え方が長ければ説教になりますので
手短が原則です。



5、絶対!使ってはいけない言葉があります。


なんで!

なんで連絡しないのか!なんで勉強しない!なんで!こんなこともできないんだ!


怒りにかまけて聞いてしまう!なんで!は相手を攻めているだけの
言葉になってしまうの注意!


怒り=リクエストです、どうして欲しいかを伝える手段です。

正しい怒り方を学べは正しい人間関係が作れるそうです!





怒り方のテクニックテレビを見ていて感じたこと、
頭では分かっているのに
つい怒ってしまう自分がいたりします。

言ったら駄目な言葉って知っているのに
使ってしまう自分がいる。

日々、反省してセルフコントロールできる自分を作り上げることが大事と気がつきましたので、

このテーマは機会を作り取り上げて行くことに決めましたので、次回も見に来てくださいね。

では・・・・イライラしない毎日を





スポンサードリンク